企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 成功する!マーケティング思考の採用活動
確定拠出年金の種類
マーケティング思考を取り入れることで採用の効率が上がる

企業を運営していくにあたって必ず必要になり、なおかつ宝物でもあるのが企業で働く人員です。
新たな人員を雇う場合、採用活動をしますが、特にマーケティング思考を取り入れることなく採用活動を行っている例も多々見られます。
これでは本当に自社が求めている人員が集まる可能性は低いので、人事担当者は採用方法を一度根本的に見直すことも検討してください。
人事担当者がマーケティング思考について考えていない場合、採用基準があいまいになってしまったり、入社させた後に後悔してしまうような人を「採用」してしまうケースもあります。
時代は少しずつ変わっており、企業の人事だけではなくて、逆に採用面接を受ける側も企業側をテストしています。
ですから就職活動や転職活動をしている人に対して、丁寧でしっかりとした採用活動を行わなくてはいけません。

マーケティング思考の採用活動を導入するメリット

従来の採用方法の在り方を変えることは簡単なことではありませんが、マーケティング思考には様々なメリットもあります。
まず本当に自社に必要な人材はどういう人なのか?大学でどのような勉強をしてきたか?どういったタイプが社風に合うか?などを棚卸しすることが大事です。
それにより欲している人員を雇い入れることに繋がり、その人が持つ能力を正当に評価できるようになります。
マーケティング思考を用いることで採用活動のレベルが高まりますし、同時にそれを担当する人事担当者もレベルアップするでしょう。
人事の問題は企業全体の将来の行方を左右するものですし、きちんとターゲティングすることで、今まで以上に選考しやすくなるはずです。
採用活動にマーケティング思考を取り入れた場合、それで終わりにするのではなくて常に見直しを行い、質の高い採用活動を目指してください。
マーケティング思考は様々な部分で活用されていますが、採用活動においても積極活用していただくと良いでしょう。