企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生の有無によって生まれる差はどれくらい?
福利厚生の有無によって生まれる差はどれくらい?
福利厚生によって年収に差が生まれる

働くうえで年収は非常に重要なポイントになり、転職をする際や就職をする際に最重要視している人は数多くいます。
確かに年収が高いと良い生活ができますし、ゆとりが発生するのですが、福利厚生にも注目してみるべきでしょう。
福利厚生というのは、一般的な給与の他に出される報酬のことで、住宅手当や昼食の手当が出ることもあります。
通常の基本給が20万円と仮定した場合、その他に福利厚生によって数万円分支給されると、より快適に暮らしていくことができるでしょう。
例えば住宅手当(家賃補助)が月に2万円だと仮定すると、年間「24万円」お得というワケです。
その他にも福利厚生はたくさんあり、昼食手当が1日300円支給されると、1か月あたり約6千円、1年で「7万2千円」の差が出ることになります。
他には家族がいる場合に支給される家族手当ですと、月2万6千円支給されるとして、1年で「31万2千円」の差となるでしょう。

福利厚生と年収の関係について

上記以外にも、地域手当、出張手当、出向手当、年末年始手当などあらゆる種類があります。
会社によって用意されている福利厚生は本当に様々で、ほとんどないケースもあれば、かなり充実して働きやすい環境が整っていることもあります。
ですから福利厚生次第で働き先を見つけるというのも悪くはありません。
住宅手当、昼食手当、家族手当の3種類だけでも、1年間で「62万4千円」の差が生じることになります。
他にもいろいろな福利厚生の活用によってお得な思いができるようになるので、場合によっては年間で100万円以上の恩恵を受けられることも珍しくありません。
これだけの差が福利厚生によって発生するならば、就職先や転職先を選定する際には、しっかりと確認しなくてはいけませんね。
金銭的な福利厚生以外にも、何らかのサービスを無料で利用できるといったものもありますので要チェックでしょう。