企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 充実した福利厚生とは何か
充実した福利厚生とは何か
福利厚生のありがたみ

会社で働いている人は当然お金を稼ぐ目的で日々勤務しているわけですが、良い会社の決め手となるのが福利厚生だといわれています。
多くの人が、充実した福利厚生が用意されているところで働きたい…と願うものですが、いったいどのような福利厚生を用意すると充実していると思われるのでしょうか。
これを知ることは就職を目指す人や転職活動中の人だけではなくて、会社側にとっても大事なことです。
最も望まれている福利厚生は「住宅手当(家賃補助)」です。
新しく住宅を建てた人、賃貸用集合住宅を借りて住んでいる人など様々ですが、住む場所にかかる費用というのはかなり大きいです。
家賃や住宅ローンの支払いは毎月発生してくるものなので、住宅手当(家賃補助)はかなり大切な存在です。
他には社員食堂を希望する人、もしくは昼食の補助を望む声も多くあります。
1日〇円までであれば補助をするという会社もあれば、食堂を設けて安い価格or無料で昼食を提供しているケースもあります。
充実した福利厚生というのは、家賃を抑えたり、昼食代を抑えたりするような、お金に直結する内容が多いようです。

実はお金に直結しない福利厚生も充実させるべき

近年はリフレッシュ休暇を取得できる制度が整った会社も多いです。
好きなタイミングで長期休暇を得ることによって気分転換のための旅行に出かけることができ、より仕事にも集中することができるでしょう。
また働く人の健康を維持するためにも、人間ドックや健康診断も特に大事にしたい福利厚生です。
直接的にお金が入ってくるわけではありませんが、自分の健康状態を把握するというのは最も大事なことですから、福利厚生にはなくてはならない内容でしょう。
その他にはレジャー施設などを無料で使えたり、安い価格で利用できたりといった福利厚生も求められています。
充実した福利厚生というのは、直接的に収入がアップするものだけではなくて、人間ドックや健康診断、レジャー施設の利用など、あらゆるものが用意されていることが大事なのです。