企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生の人気NO.1は住宅手当
福利厚生の人気NO.1は住宅手当
住宅手当の有無は就職・転職者が気にする部分

福利厚生は、会社で働く人に対して、働きやすさや暮らしやすさを与えるとても重要なものです。
福利厚生には、食堂の提供、人間ドックの用意、育児休暇、資格取得手当、レジャーサービスの割引、保育制度の充実など、あらゆるものがあります。
これらも人気があるのですが、やはり人気NO.1は住宅手当(家賃補助)でしょう。
人間は日常生活を送るためには住宅を活用しますが、それを購入したり、借りたりするためには安くはない費用がかかってきます。
住宅に関する支払い金額が給与の中の比較的多くを占めるということもありますので、福利厚生によって住宅手当が支給されるのは嬉しいことです。
住宅手当が人気の理由は他にもあり、例えば資格取得手当などは一部の人しか該当しませんし、レジャー施設を利用する人もそれほど多くはありません。
ほぼすべての従業員が恩恵を受けることができるという点が魅力のようです。

福利厚生が充実している職場は人気

新しい職場を探している人が注目する点は給与面、休日数などですが、住宅手当もトップクラスの注目度を誇ります。
多少給与額が低くても住宅手当(家賃補助)などの福利厚生が整っていると、気分よく働くことができるでしょうし、生活もより良いものになります。
会社側は従業員が働きやすい体制を整えることが重要なのですが、それは簡単なことではありません。
頭では理解していたとしても会社のルールを変える必要もありますので、そう単純ではありません。
しかし住宅手当は特に人気がある福利厚生ですので、是非とも導入してみることをおすすめします。
住宅手当や食堂(昼食補助)は直接的に家計に響く福利厚生ですが、こういったものを充実させるべきでしょう。
実際に様々なアンケートを見ると、このような手当が圧倒的な支持を集めていますし、人気がある企業はこれらをしっかりと用意している様子が窺えます。