企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 会社によって違う福利厚生としての育児休暇
充実した福利厚生とは何か
育児休暇はメジャーな福利厚生になってきた

様々ある福利厚生サービスのなかで、特に近年注目されているのが育児休暇や産休などでしょう。
会社単位というよりも、国を挙げて育児休暇などの取得を増やす取り組みがなされているのが特徴で、最近は一昔前よりも取得するケースが増えてきました。
しかし、まだまだ育児休暇や産休を取得しやすい環境にあるとは言えないのが問題で、これを何とかして改善する必要があります。
福利厚生の育児休暇は、それぞれの会社によってルールが異なっているのが特徴です。
この制度は育児休業法によって定められていますが、特別な理由がある場合は1歳半まで延長することが可能だと定められています。
そして、もし会社側が認めることがあれば、最長で3年間の育児休暇を取得することも難しくありません。
会社によって育児休暇に対するルールが異なり、そして働いている従業員が持っている育児休暇に対する思いも違っています。
そのため、まずは会社ごとに福利厚生としての育児休暇のあり方が違うことを把握しておき、それを知った上で就職や転職をすることも重要でしょう。

育児休暇の取得条件の違いについて

保守的な考えの会社や、経営陣が古い考え方の会社の場合は、育児休暇の取得条件が魅力的ではないケースもあるでしょう。
しかし、最近は女性が活躍している会社も多いので、対外的に魅力を発信する意味でも、あえて福利厚生としての育児休暇を充実させようとする動きもあります。
基本的なルールは法律で定められていますが、会社が育児休暇に反対の立場であると、なかなか育児休暇を気軽に取得することはできません。
取得条件は比較的確認しやすいですので、予め把握しておくといいでしょう。
また注意したいのは、働き始めて1年経過していない場合は、育児休暇を取得させてもらえない可能性もあります。
産休や育児休暇そのものについてや、復帰後の待遇・条件については、会社ごとに異なるので理解しておきましょう。