企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 企業の裁量で個性が出る法定外福利厚生
企業の裁量で個性が出る法定外福利厚生
福利厚生や手当は要チェック

就職先を選ぶ基準として、給与額や仕事を重要視する人は多いものですが、近年は福利厚生や手当に関しても厳しいチェックの目を向ける人が増えています。
福利厚生や手当は、元気で仕事を続けるためには重要なことです。
そのため、企業は社員の満足度向上を意識し、福利厚生や手当などの制度を設ける傾向にあります。
福利厚生や手当は、長く勤めるためには重要ですが、特にチェックしたいのが法定外福利厚生です。
通常、年次有給休暇や育児休暇、雇用保険、健康保険などは法律で定められていますが、その他にも企業の裁量で導入される法定外福利厚生があります。
法定外福利厚生には、リフレッシュ休暇やバースデイ休暇など企業独自の個性的なものがいろいろあります。
こうした福利厚生の導入について積極的な企業は、社員の目線で働きやすい職場作りに努力している企業と言えるでしょう。
転職する際には、そういった点もチェックしましょう。

企業の独自色あふれる法定外福利厚生

法定外福利厚生は、一般的には社員住宅や独身寮、健康診断などがありますが、より個性的で独自のものもあります。
企業が独自で考案し、実践している法定外福利厚生には様々ですが、たとえば全国の保養所やスポーツクラブを優待価格で使用できる、アミューズメントパークなどでの優待割引や飲食、買い物についての割引がある、といった内容のものもあります。
さらには、社員食堂での食事や散髪が無料になったり、カフェテリアでサービスが受けられたりといったものもあります。
女性にやさしい企業としては、月1回の休みがもらえる、不妊治療中の女性のために、任活休暇があるといった個性的なものや、会社負担で食材を購入し、キッチンでランチを作って食べてよいなどといったユニークな制度もあります。
また、社内でマッサージを受けられる制度を設けている会社もあります。
これからの時代の働きやすい会社とは、こうした独自の法定外福利厚生の制度が充実していることも、重要なバロメーターになりそうです。