企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生の産休制度について
福利厚生の産休制度について
子供の出産・産後のための福利厚生

仕事をしている人で結婚をしているという方にとって、出産時に取得する福利厚生の産休制度について大きな関心を持つ部分だと思います。
妊娠初期は、仕事をすることができても妊娠後期になれば仕事をすることが厳しくなるので、産後に同じ職場に復帰することを考えると産休はとっておきたいものです。
この産休制度は、福利厚生の1つになるので、女性であれば特に仕事を探す際にはしっかりチェックしておきたい部分です。
また、この福利厚生の制度を利用する可能性のある方はどれくらいの期間休みを取ることができるのか、また取れる条件なども知っておきましょう。
妊娠に関連して休みを取る場合には、取得するための条件がある程度決まっています。
条件に当てはまらなければ休みを取ることができないという可能性もあるのでその条件について事前にチェックすると安心です。
産休制度を利用して休みを取得したい場合、現在働いている会社で1年以上働いていることが求められます。
さらに、この先も2年以上現在の職場で働き続けるというのも条件として求められるので覚えておきましょう。
また、仕事をしている期間中に妊娠を計画しており産休を利用したいという方は現在の職場で1年以上働いてからの妊娠を考えると良いです。

産休の期間

そして重要となってくるのが、産休を取得する際にどれくらいの期間休みを取ることができるのかという点です。
産休は、産前であれば6週間取ることができますし2人以上のお子さんを同時に妊娠している方は14週間休みを取得することが可能になっています。
さらに、出産後に関しては8週間の休暇を取ることができますが、本人の意思があり医師の許可を得た場合に関しては産後6週間以降から職場復帰することもできます。
仕事をしている期間中に妊娠をしたとなると産休はとても重要な制度になります。
自分の身体のためにも数週間の休暇を取ることができる福利厚生の制度はしっかりと利用していきましょう。