企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生としてのメンタルヘルスケアのメリット
福利厚生としてのメンタルヘルスケアのメリット
従業員のメンタルの問題をケアする

企業では、多くの人間が仕事をしているわけですがストレス社会の現在は社員の中にも大きなストレスを抱えているという人が多くいらっしゃいます。
人は、ストレスを抱えすぎることによってうつ病などの精神的な疾患を発症してしまうこともあり、従業員のメンタルヘルスケアは非常に重要視されています。
2015年の12月1日から2016年11月30日にかけてストレスチェックというものが義務付けられ、従業員が50人以上いる会社では年に1回従業員のストレスに関する検査が行われるようになりました。
従業員のメンタルの状態を調査することによって、精神疾患などを引き起こすなどの問題が発生する前に対処することも可能になります。
メンタルヘルスケアと福利厚生は一見あまり関連性がないように思えますが、それは大きな間違いで福利厚生との関係は非常に密接です。
ストレスが溜まることで、うつ病などを引き起こしてしまう可能性は上がるわけですが、うつ病などを発症してしまうと気力の低下なども見られ、仕事のパフォーマンスも悪くなってしまう可能性があります。
独立行政法人労働政策研究・研修機構が2014年に発表した調査によりますと、従業員のメンタルヘルスの問題によってパフォーマンスの低下に関連性があるかという問いに関し「関係がある」と答えている人は9割にもおよび、パフォーマンスを低下させないためにも、福利厚生の面などでしっかりとメンタルのケアを行っていく必要があります。

メンタルヘルスケアのメリット

福利厚生の一環として従業員のメンタル管理を行っていくことは、会社側にとっても非常に重要なことです。
職についている人が精神疾患などを患えば、自殺者の増加にも繋がります。
自殺者の増加することによって、経済損失も発生してしまうためそれは国にとっての大きな問題です。
メンタルヘルスケアの中で、ストレスチェックによって早期に問題を発見することも大事なうえ、適切な休暇などの福利厚生がしっかりとしていることも重要です。
メンタルヘルスケアがしっかりしていれば従業員の健康を守り、仕事のパフォーマンスを維持することや、よりパフォーマンスを向上させることにも繋がっていくでしょう。
また、従業員の損失を防ぐというという面においても企業側にも大きなメリットがあります。