企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生でプライベートを楽しむメリット
福利厚生でプライベートを楽しむメリット
福利厚生が充実しているとプライベートも楽しめる

企業が用意している福利厚生にはいろいろな種類があり、会社での生活がよりよくなるもの、日常生活に直結するもの、自分の健康維持に役立つものなどがありますが、プライベートを楽しむことができる福利厚生もあります。

例えばレジャー施設を優待料金で利用できるものや最近人気のスポーツ系アクティビティに低料金でチャレンジできるもの、そしてプライベートを楽しみつつ学びの時間にもなる美術館や博物館の利用など、多種多様な福利厚生サービスがあります。

社員食堂の整備、家賃補助や寮の設置、健康診断の実施などは今では用意されていて当然の福利厚生ですから、入社を希望している人にとってそれほど魅力的には映りません。

だからこそプライベートを楽しむことができる福利厚生を用意しておくと、多くのメリットを得ることができます。

企業側は優秀な従業員を集めやすくなりますし、プライベートに直結する福利厚生の利用によってよりメリハリの効いた仕事が可能になり、業務の活発化に繋がるかもしれません。

プライベートを楽しめる福利厚生の充実こそが大切

今は仕事が休みの日にプライベート利用しやすい人気の福利厚生サービスを提供している企業も少なくありません。

いかに優秀な従業員を獲得するか、そして楽しく働ける空間を作って業績を上げるかが重要で、それを成し遂げるために福利厚生の充実に力を入れています。

実際、プライベートの時間を楽しむことができるレジャー施設の利用やアクティビティサービスなどは非常に人気があり、これらを積極的に活用する人たちは少なくありません。

企業側も従業員側もメリットを享受でき、企業そのものの売上を上げたり、モチベーションを高めたりするメリットがあります。

通常の利用では高額なサービスであっても、福利厚生サービスを使って利用すればよりお手頃な料金で利用でき、プライベートを楽しむことができます。