企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生に通勤手当があるワケ
福利厚生に通勤手当があるワケ
なぜ福利厚生に通勤手当があるのか

福利厚生は企業で働くうえで特に重要な存在で、通勤手当や家賃補助、社員食堂の設置、健康診断など多くあります。

例えば通勤手当はほぼ全ての人が活用していると思われますが、実は通勤手当は企業側が必ずしも出す必要がないもので、あくまでも福利厚生の一環として提供されています。

それではなぜ福利厚生の中に通勤手当があるのかが気になりますが、特に都心部においては、オフィスの近辺は一般的に家賃が非常に高く、生活面のことを考えると遠方から通わざるを得ないケースも少なくありません。

こういった従業員は当然のことながら毎日の通勤で交通費が必要になりますが、もし企業側から通勤手当が支払われないと企業側に何らかの問題があると疑います。

そもそも通勤手当が用意されていない企業で働こうとは思わないはずです。

通勤手当が用意されている第一のワケは、人材確保を行うためだといえます。

そして他には数ある福利厚生の中でも、通勤手当はほぼ全ての企業で実施されているので、これを用意しないと福利厚生サービスが手薄だと思われてしまいます。

通勤手当は従業員にとってなくてはならない福利厚生

しばしば通勤手当の必要性が議論されていますが、現在の日本の状況を見ていると、やはり通勤手当は必要不可欠だと言えます。

特に電車通勤を行っている人にとって毎月の定期代は非常に痛いもので、もし通勤手当がなくなると徒歩圏内or自転車圏内でしか働くことができなくなります。

企業が林立している地域もあれば働く場所が全くない…といったところもあるので、多くの人が働きやすい環境を作るためにも通勤手当は不可欠です。

徒歩圏内or自転車圏内に住み、通勤手当を廃止すべきという話もありますが、現実的ではありませんし、従業員側は通勤のために片道数百円を支払うのすら嫌だと考えている場合が多いので、そういった現状だからこそ通勤手当があるのでしょう。