企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生でウォーターサーバーを設置するメリット
福利厚生でウォーターサーバーを設置するメリット
福利厚生のメリット

福利厚生は、会社が従業員やその家族の健康、生活における福祉を向上させるためのものです。
福利厚生を充実させることによって、社員が働きやすい環境になり、離職率も下がると言われています。
優秀な人材を確保するためには、福利厚生を充実し、働きやすい環境を整えることによって会社としての魅力も高まり、人材集まるのではないでしょうか。
福利厚生と一言で言っても様々なものがありますが、その中でも身近で目に見えて便利と実感できるのは、ウォーターサーバーです。
オフィスでは、社員や来客のために給湯室があります。
休憩時間や、会議の際になど社員は利用し、来客時にはお茶を用意します。
その際に、ウォーターサーバーがあれば、わざわざお湯を沸かす必要もなく、すぐに来客時にお茶をだすことができたり、社員が飲みたいものを準備したりすることができるのです。
急な来客にも、スムーズにお茶出しをすることができるでしょう。

ウォーターサーバーを福利厚生の一環で設置

ウォーターサーバーの水は、自動販売機で買う清涼飲料水よりも健康で、ウォーターサーバーの中には健康の手助けをしてくれる成分の入っている水もあるため、社員の健康を支える一つとなってくれます。
水分不足は健康の妨げにもなってしまうので、社員の健康のためにも水分補給は欠かすことができません。
操作一つで、冷たい水や温かいお湯など出すことができるウォーターサーバーは、時間の短縮にもなり、社員の手間も減るのではないでしょうか。
また、お茶やコーヒーを淹れる際にも、ウォーターサーバーは活躍してくれるでしょう。
おいしい水は、お茶やコーヒーをより美味しくしてくれます。
他にも、福利厚生としてウォーターサーバーを設置するメリットは、電気ポットや冷水機よりも消費電力がウォーターサーバーの方が少ないと言われており、光熱費削減にも繋がります。
更には、災害時にもウォーターサーバーの水を備蓄水としてオフィスに保管しておくことで、いざという時にも備えることができるのです。
人が生活する上で水は欠かすことができない一つなので、福利厚生でウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。