企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > あると嬉しい福利厚生の皆勤手当
福利厚生を充実させるメリットについて
福利厚生を充実させるメリットとは?

福利厚生を充実させるメリットとは?

福利厚生という言葉は耳にする機会もありますが、どういったものなのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
福利厚生は、内容は会社によって様々なので、会社の特徴を出すことができるメリットもあります。
働いている社員の環境やその家族をサポートする目的で導入されています。
一般的なのは、健康保険や厚生年金、雇用保険、労災保険ですが、会社によっては社員に対して給与以外の形で支給する現金や資格補助サポート、家賃補助、社員食堂、保養所などが挙げられます。
福利厚生が充実していることで、社員の環境が良くなり、会社に対する信頼へと繋がるのではないでしょうか。
また、現在働いている社員をサポートするだけではなく、福利厚生を充実させることによって優秀な人材が集まりやすくなるというメリットもあります。
思わずこの会社で働きたいと思われるような福利厚生を導入することで、人材が集まりやすくなるでしょう。
働きやすい環境は、離職率を下げることにも繋がります。

中小企業が福利厚生を充実させるには

中小企業が福利厚生を充実させるには

大企業であれば、福利厚生の充実は簡単だと思われてしまいますが、中小企業の場合は難しく感じてしまうことが多いのではないでしょうか。
金銭的な問題や、体制が整っておらず、福利厚生を充実することによって不利益が生じてしまうのではないかと、中々充実することができない中小企業も多いです。
その場合は、自治体や民間企業が行っているサービスを利用することによって、中小企業でも福利厚生を充実させることができます。
様々なサービスを利用することで、中小企業が単独では導入することができなかった福利厚生を充実させることができるでしょう。
また、中小企業の中には独自に個性的な福利厚生を導入するところもあり、大企業にはない少し変わった手当などを検討してみてもいいでしょう。
社員の離職や人材を集めるためにも、福利厚生の充実について考える必要があります。