企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生の慶弔見舞金について
福利厚生を充実させるメリットについて
慶弔見舞金は大切な福利厚生制度の一つ

福利厚生を充実させるメリットとは?

会社が従業員のために用意している福利厚生の種類は、企業によって様々です。
従業員のプライベートをより良くするもの、昼食費用や家賃などの日々の出費を援助するものだけでなく、慶弔見舞金についても準備されています。
慶弔見舞金の種類は多岐にわたり、従業員の結婚時や出産の際の祝い金、さらには怪我や病気を患った際や、死亡時にも支給されることがあるのです。
これから就活をする人の中でも、福利厚生を重視して企業を決めていることも多いでしょう。
福利厚生を充実させることで、企業が相手に与えるイメージが異なってくるため大切です。
また、慶弔見舞金は従業員本人だけでなく、親族に対しても支給される企業もあるため、過程を持つ従業員には特に嬉しい福利厚生ではないでしょうか。
しかし、慶弔見舞金は大企業であれば総務部などが給付手続きをしてくれますが、中小企業の場合、自ら申請しなければ受給できない企業もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

慶弔見舞金の給付基準

中小企業が福利厚生を充実させるには

福利厚生の充実さで企業を決めている人もいますが、その給付金の基準については企業によって異なってくるため、実際に支給される金額にも差が出てくるのです。
また、慶弔見舞金の給付基準については、企業が採用している基準が様々なタイプがあります。
まず、他の企業を参考にしている、世間相場タイプの給付基準を採用している企業もあれば、企業のトップや福利厚生などを含めたことを決定する責任者が、独断で決めるトップ単独タイプの給付基準を採用している企業もあるのです。
また、慶弔見舞金を支給するに当たって項目を作成し、合理的な算定基準を設けることで支給額を決定する算定基準設定タイプもあります。
しかし、企業によってはある程度基準を設けておき、企業の経営状況や財政状況などに合わせて、段階的に支給する段階的累進タイプを採用している企業もあるため、企業を決める際や、給付基準を知る際の知識として知っておくと便利でしょう。