企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 必要とされている福利厚生の介護休暇について
必要とされている福利厚生の介護休暇について
介護休暇とは?

介護休暇とは?

企業には健康保険料や厚生年金保険料、労働保険料などの福利厚生があります。
また、福利厚生の中に介護保険料というものもあります。
最近、その福利厚生の中にある介護保険料というものが注目されています。
日本では高齢化が進み、介護問題がクローズアップされていますが、介護は身体も心も負担がかかるもので、実際に介護を経験してみなければ、介護の大変さを理解しにくいでしょう。
このような状況を踏まえ、2010年に介護休暇が改正されました。
介護休暇は介護休業とは異なります。
両親が介護なしでは生活ができない状況に置かれている人は、企業の福利厚生の中に介護休暇があれば1年度のうち最大5日間、介護対象者が2人以上いる場合は最大10日間取得することができるのです。
介護休業の場合は、介護対象者1人につき、通算93日に達するまで3回が上限となっており、仕事を休むと給料が支払われないため、無給のまま介護に関わる費用を払い続けなければなりません。
このような状況に困っている人は、たくさんいます。
今後、さらに高齢化が進むと言われているため、働きたくても働けないという人が増えてくるでしょう。
福利厚生の介護休暇を利用することができる企業が増えれば、介護をしなくてはならない人も働きやすいと感じるでしょう。

介護と仕事が両立できる環境をつくろう

介護と仕事が両立できる環境をつくろう

介護休暇は、2週間以上、常に介護をしなければならない状態の家族がいる場合に適用されます。
日雇いや労働時間が1日4時間以下、雇用期間が半年以内であれば介護休暇の適用にはなりません。
介護休暇の運用や制度は企業によって異なりますが、介護離職をできるだけ減らすためには、従業員にとって働きやすい環境をつくる必要があります。
介護休暇と介護休業を使い分けるなど、従業員の働き方にもよりますが、介護休暇後、介護休業後に従業員が復帰しやすい環境をつくるといった、サポートが欠かせません。
今後、介護と仕事を両立しなければならない人が増えていくでしょう。
企業の担当者は介護に関する理解を深めておく必要があります。