企業型"選択性"確定拠出年金制度(401k)ならFDL

  • 03-5425-2970
  • 無料相談はこちら
TOP  > 「選択制401K」が描き出す年金制度の未来予想図  > 福利厚生でコミュニケーション活性化させるためのレクリエーションを負担する理由
福利厚生でコミュニケーション活性化させるためのレクリエーションを負担する理由
福利厚生費でレクリエーション活動をする

福利厚生費でレクリエーション活動をする

福利厚生の中でも、レクリエーション活動は昔からあることで、様々なメリットがあります。
例えば、忘年会や新年会などのレクリエーションは、従業員の疲労やストレスを回復させたり、社内のコミュニケーションを活性化させたりすることです。
近年、心の病などで退職したり、休業したりする人が増えてきており、従業員同士のコミュニケーションがあまり取れていないなどの理由から、改善や予防するために企業内で開催されるレクリエーションは大切でしょう。
福利厚生でレクリエーションの活動として、飲み会以外にもフットサルやバスツアーなど、様々なレクリエーションを取り入れている企業も多いのではないでしょうか。
そのレクリエーションにかかる費用を、企業が負担していることがほとんどです。
その理由は、従業員を労うことや、仕事に対してのモチベーションを高めるために福利厚生でレクリエーション活動を行うため、福利厚生費として負担するからです。

レクリエーション活動を行う際は

レクリエーション活動を行う際は

福利厚生でレクリエーション活動を行う際には、注意しなければならないことがあります。
それは、従業員全員を対象としているものであるか、福利厚生費として負担するため、世間一般での常識範囲内であるかです。
企業のコミュニケーションを活性化させるために、高い値段を福利厚生費として負担すると、レクリエーション活動に参加した特定の従業員の給与が与えられたのと同じような扱いになります。
レクリエーションにかかる費用を金銭で支給し、従業員が自由に楽しんで良い場合にも給与として課税されることを知っておきましょう。
企業にとっては、福利厚生費としてレクリエーション活動を行っても、損金として扱われます。
レクリエーション活動などで利益を受けた従業員は、企業は損金に算入できず、本人に対する給与課税ともなるためできるだけ避けたいものです。
企業にとってメリットがあるレクリエーション活動ですが、従業員にとってもメリットがあるように計画をしましょう。
非正規社員や外国人労働者は福利厚生の中でもレクリエーション活動に参加できないなどということは避けてください。